笑顔の女性と薬を持っている様子
笑顔の女性

トリキュラーは飲み忘れることなく用法を守って服用した場合、約99.9%の高い避妊効果が期待できます。それでも約0.1%の確率で妊娠することがあり、それは飲み忘れや飲む順番を間違えたりした時に避妊効果が下がってしまう確率です。このようなミスを含めた上での確率とされ、トリキュラーを正しく飲んでいても妊娠している場合の原因は、嘔吐や下痢によることもあります。

特に激しい下痢・嘔吐が続けばピルに含まれているホルモン成分が、体に吸収されなくなるので避妊効果が下がります。医療機関で処方されている抗生物質や、セイヨウオトギリソウという気分の浮き沈みを改善するハーブ成分を含んでいる、サプリメントはさらに避妊効果を下げることがあります。

この原因は避妊のために服用しているピルの効果を不安定にさせるので、ピルの他にもサプリメントを飲んだ時や、下痢・嘔吐などをした場合は専門医に相談するようにします。また医師に新たに薬の処方をしてもらう時には、トリキュラーを服用していることを伝えることで正しい処方がされます。ピルを服用してその初日から避妊効果を得たい時は、生理初日に飲み始めることが原則なので、服用を開始した日から高い避妊効果を得ることができます。出血が少量だったり寝ている時でいつ生理が始まったかわからない場合は、生理の初日がはっきりしないこともあります。

明確な出血が認められた日から服用を開始するようにし、2週間はリスクを回避する意味でコンドームの併用をすることが大切です。トリキュラー単体でももちろん避妊効果が高いですが、万が一の飲み忘れや他の成分により効果が阻害されてしまった場合には、コンドームを装着していれば安心です。避妊効果がとても高く破けたり外れる可能性があるコンドームよりも、確実な避妊方法として知られていますが、それでも100%妊娠を防ぐわけではありません。

女性ホルモンの作用により排卵を抑えながら妊娠を防止するトリキュラーですが、卵巣から分泌されている卵胞ホルモンや黄体ホルモンの2つのホルモンが配合されたピルを服用します。服用することで血中のホルモンの濃度が上昇するので、脳や体がすでに排卵したり妊娠したと錯覚し、ホルモンの分泌を止めます。これにより卵胞の成長が止まるので、その結果妊娠を防ぐことに効果が発揮されます。ピルを服用する時には処方をしている医療機関を受診することになりますが、医師に処方してもらうことで様々なメリットがあります。

この様に効果のあるトリキュラーは通販することができるので手軽に購入も可能です。